人工透析 血液透析 臨時透析 夜間透析 循環器科、消化器科、小児科は大井町駅前クリニック|品川区 大田区

お知らせ
ピロリ菌除菌療法で「?胃がん予防」を --胃?炎がある方へ
2013.03.22
ピロリ菌の除菌は胃がんの予防効果が高いので、早期に検査をし、除菌を行うことを お勧めします。
 
ピロリ菌とは
 ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は、胃に生息する細菌で、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALT リンパ腫、胃癌などと密接な関係があります。
 ピロリ菌が胃がんの発がん因子で、感染者のうち、胃がんを発症するのは0.3%程度との疫学調査もありますが、進行が早いがんもあるため、早期発見が重要です。
 
●ピロリ菌に感染している割合
 近年、日本人の45%前後がピロリ菌に感染しています。
 
●胃がんの死因
 わが国では毎年12万人近くが胃がんと診断され、年間約5万人が亡くなっています。
 胃がん死亡者数は、がんの死因では肺がんに次いで第2位です。
 
●ピロリ菌検査方法
 ピロリ菌の感染を調べる検査には、大きく分けると胃内視鏡検査で粘膜を採って調べる方法と、胃内視鏡検査をせずに、血液や便、呼気(吐いた息)で調べる方法があります。当院ではすべての検査方法を採用しています。
 
●治療目的
 胃炎段階から除菌することで「胃がん予防」として有効です。
 
●治療法
 胃がんを引き起こすとされる細菌(ピロリ菌)が原因の慢性胃炎の除菌。発見されれば 患者さんは1週間程度、薬を服用することで除菌治療をします。その後、定期的に検査、観察することが必要です。
内科・循環器科を木曜日、午後も診療します
2013.03.19

ハート

 当院では4月4日から毎木曜日午後2時から5時まで東邦大学大森病院の医師が循環器科および一般内科診療を開始致します。

  診療内容は生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、メタボリック・シンドロームなど)を診療し、動脈硬化を予防、心筋梗塞・狭心症、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全など心臓病の診断と治療を致します。

 

 当院は今後もよりよい医療を提供し、地域の皆様に貢献できるように努力してまいります。ご不明な点がございましたらご遠慮なくお知らせ下さい。

 

メニュー
当院のご案内
診療のご案内
人工透析のご案内
見学ご希望の方へ
感染症対策のご案内
小児科
アクセス
お知らせ
ページのトップへ