人工透析 血液透析 臨時透析 夜間透析 循環器科、消化器科、小児科は大井町駅前クリニック

お知らせ
第2回は血液透析濾過(けつえきとうせきろか)(HDF)についてご案内致します。
2019.04.15

血液透析濾過

前回、HDFは補充液(電解質液)を補充しながら透析を行うと説明しましたが、その補充液に何を使用するかにより、オフラインHDFとオンラインHDFに分類されます。

bunrui.jpg

オフラインHDF

オフラインHDFとは薬価収載されている市販のボトルやソフトバックに入った濾過型人工腎臓用補液を補充液として使用しており大量の補液を行うことには限界があります。

オンラインHDF

オンラインHDFは自施設にて作製した透析液を無菌化し、補充液として使用することで大量(前希釈で20~100L程度)の補液が可能となります。大量の補液によって多くの濾過を行うことができ、より多くの老廃物を取り除くことが可能となり、特に大分子物質(β2-MG:ベータ2ミクログロブリン、α1-MG:アルファ1ミクログロブリンなどの低分子量蛋白)の除去に優れています。

血液透析濾過療法はまた補充液を補液する位置により前希釈法と後希釈法に分類されます。各々の特長は下記の通りです。

1.前希釈法:ヘモダイアフィルターの流入側から補充液を補液する方法

ヘモダイアフィルターを通過する前に血液が希釈されるので、除去したい物質の血中濃度が低くなり、拡散による除去効率は低くなります。しかしフィルターの目詰まりが起こりにくく経時的な性能低下を招きにくい特徴があり、血流量に関係なく大量の補液が可能です。大量に補液することで除去効率の増加が期待でき、日本では主流の方法です。

2.後希釈法:ヘモダイアフィルターの流出側に補充液を補液する方法

前希釈法と同量の補液量を使用するならば、前希釈法より効率よく大分子物質を除去できます。
しかしヘモダイアフィルター内での血液濃縮や蛋白分画によりフィルターの目詰まりが起こりやすく、補液量に限界(血流量の25%が上限)があります。またアルブミンの漏出量が多いという特徴があり、海外で主流の方法です。

HDF患者数(2017年)

2017年末の我が国の慢性透析療法の現況によると、人工透析患者総数約33.4万人のうち、HDFをおこなっている患者数は約9.5万人です。

前回話しました2012年の診療報酬改定以降に特にオンラインHDFが急激に増加し、全体の28.4%に達しています。

次回はオンラインHDFについて、もう少し詳しく説明する予定です。

ゴールデンウィーク外来診療のお知らせ
2019.04.02

当院のゴールデンウィークの外来診療は下記の日程になります。
ご利用の皆様にはご、迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承いただきますようお願い致します。

診療時間
27
(土)
28
(日)
29
(月)
30
(火)
1
(水)
2
(木)
3
(金)
4
(土)
5
(日)
6
(月)
午前
×
×
×
×
×
×
×
午後
×
×
×
×
×
×
×
×
×

※2日午後は小児科も診療します。

血液透析夜間透析など透析センターは通常通り行っております。臨時透析については、お電話(03-3776-9611)でお問い合わせ下さい。

人工透析療法の種類
2019.02.28
人工透析療法の種類

透析患者さんおよび透析患者さんのご家族にむけて、人工透析の理解と生活の質(QOL)の改善を目的とした情報を月1回提供してまいりますので、よろしくお願い致します。初回は当院で提供しております透析(とうせき)療法の種類についてご案内致します。

透析療法は約60年前に外傷から発症する急性腎不全の治療を行うために開発された治療で、それが慢性腎不全の治療にも行われるようになり現在に至っています。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが,透析療法には血液透析療法と腹膜透析療法があり、当クリニックでは血液透析療法を行っております。更に血液透析療法は次のように分類されます。

  • 血液透析(HD)
  • 血液濾過(けつえきろか)(HF)
  • 血液濾過透析(HDF)

血液透析(HD)

血液透析HDは半透膜を介して血液と透析液を接触させ、拡散の原理によって不要な水分や老廃物を除去する方法です。小分子量の物質の除去に優れていますが、中分子量以上の物質では,膜面近位の拡散能力が低下するため除去効率が低下します。

血液濾過(けつえきろか)

血液濾過HFは透析液を使用せず圧力をかけることで血液を濾過(限外濾過)し、不要な水分や老廃物を除去する方法です。除去した濾液に相当する補充液(電解質液)を体内に補充します。膜孔(まくこう)を通過できる物質であれば分子量に関係なくほぼ一定の濃度で除去できます。したがって、HDと比べて中分子量物質や低分子量蛋白(タンパク)の除去に優れており、小分子物質の除去効率が低いという特徴があります。

血液濾過透析(HDF)

血液濾過透析HDFは先に説明したHDとHFの長所を生かし短所を補った方法で、小分子量物質から低分子量蛋白領域の物質まで幅広く除去が可能です。元々のHDFはオフラインHDFと呼ばれており、補充液(電解質液)を血液に補充しながら透析を行うもので適応疾患が透析アミロイドーシスと透析困難症に限定された治療でした。しかし2012年の診療報酬改定により、透析液のウルトラピュア(超純水)にすることによって行えるオンラインHDFに適応疾患の制限がなくなり、全ての透析患者さんに実施できるようになりました。

当クリニックでは,全ての機械がオンラインHDFに対応しており、医師が患者さんにあった方法を患者さんとともに選んで実施しております。
次回は当クリニックで行っているオンラインHDFについて詳しく説明していく予定です。

年末年始の外来診療日について
2018.12.03

当院の年始年末の外来診療は下記の日程になります。
ご利用の皆様にはご、迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承いただきますようお願い致します。

診療時間
29(土)
30(日)
31(月)
1(火)
2(水)
3(木)
午前
×
×
×
×
×
×
午後
×
×
×
×
×
×

今年は12月28日(金)まで通常診療です。
1月4日(金)より、通常通り診療致しますのでご利用いただきますようお願い致します。

血液透析臨時透析夜間透析など透析センターの診療時間については、お電話(03-3776-9611)でお問い合わせ下さい。

麻疹(はしか)のワクチンは品切れ中です
2018.04.27

現在、麻疹(はしか)のワクチンを確保することが難しくなっております。確保でき次第お知らせ致します。

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

wk.jpg

「看護師募集」-人工透析(血液透析)|品川区
2018.04.25

看護師募集 当院ではサービス改善のために、外来人工透析の看護師を募集しております。

JR大井町駅近くで30年以上、地域に貢献してまいりました。これからも地域の皆様によりよい医療を提供してまいりたいと考えております。

良い医療提供を継続するには、力がある人材が必要です、人材は当院の財産と考えております。異なった経歴の方が、ご自分の長所を伸ばして成長していくことが、当院の喜びでもあります。

当院では、お一人おひとりがその人なりに働けるようにつねに改善しております。職員の満足度は患者さまの満足度向上に重要なもととして考えております。

施設は9年前にリニューアルし、休憩室も整備しています。施設、設備、福利厚生面で次のような特徴があります。

  1. 最新の透析機器と透析システムで提供しています
  2. 経歴に合わせて、熟練したプリセプターによる充実したトレーニング
  3. 院内は働きやすい落ち着いたデザイン
  4. 感染症対策は空気清浄機、殺菌システムなど充実しており安心して業務に集中できます
  5. 産休・育児支援制度を整備し女性を応援しています
  6. 空調・殺菌システムの他に外部からの新鮮な空気を取り入れて、院内の匂いや湿度にも配慮しています
  7. JR大井町駅から徒歩2分
  8. 休憩室は静かな明るい部屋
  9. 患者満足度も高く、良い信頼関係を構築→患者満足度調査参照

人工透析に関心をお持ちの方は是非、見学にご来院下さい。
募集条件はこちらを参照ください。⇒ 採用条件

アクセス方法 MAP

連絡先は電話(03-3776-9611)または メール でご連絡をお願い致します。

インフルエンザ予防接種について(平成29年)
2017.10.17

ワクチン.png

ワクチンの供給が滞っており皆様のご希望にお応えできない状況になりました。

メーカーの生産や行政が追い付いていない理由でワクチンの供給が滞っており、当院の在庫はございません。ワクチン接種の再開は見込みがたちましたらホームページ等でお知らせいたします。皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承をお願い致します。

大井町駅前クリニック 電話 03-3776-9611

内視鏡カメラを更新
2017.09.22
当院では胃などを診断する内視鏡カメラを更新しました。


内視鏡カメラ

内視鏡による検査は食道、胃、十二指腸を直接カメラで観察して胃がん・食道がんの早期発見や、逆流性食道炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ菌感染の診断ができます。
その他、腹痛、貧血などの原因を調べるために食道・胃・十二指腸の潰瘍、炎症、腫瘍、ポリープなどを診断するための観察を行います。検査時に異常があれば組織検査(顕微鏡で細胞を確認する)のために病変の一部を取る(生検)ことがあります。

当院では経験豊かな内視鏡専門医が検査をしますので、安心して受診できます。

検査をご希望の方や健康診断で指摘されている方は相談下さい。
下記の電話またはメールでご予約ができます。
電話 03-3776-9611
メールはここをクリックして下さい。

透析センターにWIFI(無料)を設置しました
2017.04.07

wifi.jpg当院の透析センターに皆様からのご要望によりWIFIを設置しました。

このWIFIは透析センターの患者様が治療中に各種情報入手や通信手段の確保などに資することを目的として、全ベットを高速でカバーする人工透析患者様向けの通信環境です。

Free Wi-Fiサービスの利用に当たっては、所定のSSIDとパスワードを端末(スマートフォンやパソコン)に設定します。

なお、患者等向けFree Wi-Fiサービスの利用者は、次の事項をご留意いただくようお願い致します。

  1. ご自分のスマートフォンやパソコンをご使用下さい(当院は貸し出しをいたしません)
  2. イヤホンでの視聴を基本として、他の患者さま等の迷惑にならないようにすること
  3. 動画等の表示速度やご利用の端末すべての接続は保証しておりません。端末によって表示速度が遅かったり、接続ができないことがありますのでご了承ください
  4. ご利用の端末のセキュリティーは、各自で対策をお願い致します

人工透析の特徴

患者さま用テレビを更新しました
2016.11.29

当院では患者さまが利用されますテレビを新しく設置しました。

従来のものよりも画質が向上、さらにチャンネル数が増加してよりご利用しやすくなりました。

今後も当院では患者さまに安心してご利用いただけますよう、提供する医療・看護をはじめとして医療の周辺サービスも強化してまいります。

tvdialysis

メニュー
当院のご案内
診療のご案内
人工透析のご案内
見学ご希望の方へ
感染症対策のご案内
小児科
アクセス
お知らせ
ページのトップへ